ストレスチェックの集団分析:集団分析結果を使った“職場の課題”の見つけ方

   

ストレスチェックの集団分析④:集団分析結果を使った“職場の課題”の見つけ方

集団分析を折角実施したのに
「分析結果が活かせていない・いつもの改善案しか出ない」
「改善案を立てたのに、なんだかみんなが非協力的・目標がいつも達成できない」

というご経験はありませんか?

集団分析をすぐ活かすためには、分析の方法だけではなく「比較」や「目標の立て方」にもちょっとしたコツが必要です。

今回は集団分析を職場改善案に上手に活用するために人事・労務ができる「まとめ方のコツ」をご紹介します。
 

 

集団分析は“比較”で活きる!
比較対象は「サイズ」と「属性」でチョイス

集団分析はそのグループを構成するメンバーのデータを集計して「グループの特徴」を知るために行います。

特徴をより詳しく知るためには、グループ間の比較が欠かせません。比較を行う際の「比較対象のチョイス」に注意しましょう。

グループは参加した人数が大きいほど、その結果も「平均的」になります。やみくもに分析を行ったグループを総当たりで比較しても、傾向や特徴がどんな要因から発生しているのかが掴みにくくなってしまいます。

部署や課の職務内容であればその他の職種も含まれる「全社」や「全国平均」との比較をすると、実行できない高い目標に設定してしまうことも考えられます。

また、特徴とその原因をうまくつかむためには「同じようなグループ」での比較がセオリーですが、 良く見知った部署同士で比較を行うと
「仕事の量に結果がいいのはあの部署だからだ」
「コントロールが良くないのはあの人がいるからだ」
と個人や部署の変えられない資質に原因を見つけてしまう事があります。

集団分析の比較を行う時には、部・課であれば部門、事務職であれば事務部門、店舗であればその店舗のある地域……など自部署と同じ属性の「自部署の一つ上のサイズ」の集団と比較することをお勧めします。

自部署の傾向と特徴の要因、それがどれだけ優先的に改善しなければならないものかを「自部署が同じような業務を行っている部署の中でどのような立ち位置にいるのか」から掴むことができます。
 

集団分析を活かす改善策は
「2軸」の比較で見つけよう!

分析したデータから改善策を考える際、起きている現象だけに着目すると、どうしても対症療法を優先してしまう・根本的な改善に至れず努力で疲弊してしまう……ということがたびたび見られます。

苦しい現状を改善する・問題の本質を改善するための改善策が一つで済むとは限りません。本当に有効な改善策・急がなければならない改善策を発見するには、要素ごとの多少を比較することも大事ですが、異なる要素を組み合わせて比較することが有効です。

【ストレスチェックの集団分析③:「職場改善スタート!」の前に確認したい集団分析の使い方】でご紹介したような、「総合健康リスク」×「高ストレス者割合」を掛け合わせた分布図は「ストレスの原因別」にグループを分別しそれぞれに必要な改善策の方向性を提案します。
 

Altpaperストレスチェックキットなら、集団分析レポートに「総合健康リスク」×「高ストレス者割合」を搭載!


また「長所の充実度(良い結果が出ている項目数)」×「総合健康リスク」で4象限に分けることで「強みを生かすのか」・「社全体・制度全体の改善が必要なのか」を見るという手もあるでしょう。
 

【「改善策の対象」×「組織でやるのか・従業員に参加してもらうの」など、実施方法ごとに軸を設けそれぞれの領域を埋める】など、分析以外にも応用できる手法です。

基本的に 集団分析結果は「公開してもいい」データとなるよう分析されます。
実施の主体となる従業員全体から、広く改善策・分析方法を募るもの良いですね。
 

集団分析の本質は“従業員の健康
様々な視点から健康的な職場を目指して

集団分析は「その時個人が感じているストレス」について分析するチェックです。

従業員のメンタルヘルスケアに職場改善は欠かせませんが、ストレスの要因は身体の健康状態や家庭、今までの経験……など様々です。また、健康管理には集団分析や産業医面談といった法律で定められている制度の活用だけでなく、普段の様子や就業状態といった「ストレスチェック以外の情報」にも大きなヒントが隠されています。

「健康的な職場とは何か」について、産業医・産業保健スタッフ・社外の専門家へもご相談ください。
 

 

 

 

 

初出:2021年02月03日

関連記事

  1. ストレスチェック業種・職種別レポート2018:保育士

    保育士は女性よりも男性の方が高ストレス者の割合が高い…?

  2. 健康経営のための「心の健康づくり計画」とは?助成金についても解説

  3. 健康対策、政治不信…心配ごとが尽きない日々の「不安疲れ」解消法とは?:ストレスに負けない働くオトナのメンタルケア

    健康対策、政治不信……心配ごとが尽きない日々の「不安疲れ」解消法とは?…

  4. 【ストレスチェック実施案内文例掲載】受検率を上げるには?押さえるポイントは2つ!

    ストレスチェックの受検率を上げるには?押さえるポイントは2つ!【ストレ…

  5. ストレスチェック業種・職種別レポート2018:卸売業・小売業_1640

    卸売業・小売業では、男性従事者の17%以上が高ストレス者

  6. ストレスチェックのQ&A:「実施者」と「実施事務従事者」とは?

    ストレスチェックのQ&A!「実施者」と「実施事務従事者」とは?

  7. AltPaperストレスチェックキット 外国語版のご紹介

  8. 働き方改革で企業の「健康管理」が変わる?健康情報取扱規程とは、その概要と策定方法を徹底解説

    「健康情報取扱規程」とは?概要と策定方法を徹底解説!働き方改革で変わる…

Pick Up 注目記事 メンタルヘルスケアコラム
  1. 「職場の喫煙」どう変わる?受動喫煙防止条例や健康増進法で企業が満たすべき義務とは?
  2. 働き方改革で残業時間の上限規制が導入!中小企業が取るべき行動とは?
  3. ハラスメントの実態と予防・対策:イクメンの大敵「パタニティハラスメント」って?
  4. 2019年実施の「ストレスチェック業界平均値」から考える“これからの従業員ケア”:AltPaperストレスチェックサービス業界平均値レポート2019
  5. キングコング梶原さんが「飛んだ」心身症とは?しくじり先生で語った失踪事件の精神医療的考察
  1. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:たまった気持ちも大掃除!「忘れる技術」を駆使してストレスの棚卸をしよう
  2. 「職場環境改善」はすぐできる?集団分析で見えてくる職場の改善点:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  3. コロナ禍で「5月病」も延期?在宅勤務でも起こる「適応障害」:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  4. ストレスチェックを活用!結果を活かせるセルフケアとは?:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム

最近の投稿記事