2021年3月9日開催!オンラインセミナー「育児参加から見るこれからの組織」の内容紹介

【締切間近!3/9開催】「育児参加から見るこれからの組織」オンラインセミナー(参加無料・講演資料プレゼント特典あり)内容紹介

3月2日(火)、全国の自治体で男性の育児参加社会をリードする株式会社ファミーリエと共同で無料オンラインセミナー「育児参加から見るこれからの組織」を開催しました。 同内容のセミナーを9日(火)にも開催予定です。
 
本セミナーでは、自身も大手日用雑貨メーカー勤務時代に育児休業を取得した、ファザーリング・ジャパン理事 徳倉 康之氏(株式会社ファミーリエ代表)をお招きし、「男性の育児休業」義務化の背景をメンタルヘルスや職場改善に必要な視点から解説します。
 

参加者の方からは、次のような声をいただいております。
・「男性の育休取得の動向を知ることができた」
・「具体的な今後の対応について検討しやすくなりました」
・「人が辞めないための仕組みづくりをどうするか、年休取得促進もゆくゆくは大介護時代に備えた環境づくりの一環になる等、勉強になりました」

 
同内容の講演を3月9日(火)にも無料・オンライン開催致します。
開催概要・プログラムについては 関連記事 をご覧ください。

※ご参加の申し込みは本記事後半のフォームもご利用いただけます 受付終了
 

本セミナーの参加申込受付・実施は終了いたしました

 

今回は、セミナーの中身を少しだけご紹介します。
 

●妊娠・出産ハラスメントの傾向と裁判事例、対策などを解説!

第一部では、当社・情報基盤開発CMO(最高マーケティング責任者)の村上が「ハラスメント防止法義務化に間に合うマタハラ・イクハラ対策」について解説。
 

講演資料参考:【男女差・マタハラ】は「トラブルリスク」
講演資料参考:【男女差・マタハラ】は「トラブルリスク」
 

妊娠・出産ハラスメントに関するここ数年の相談・訴訟件数の推移と背景企業を相手取った裁判例などを紹介し、企業側の対応によっては従業員退職リスクの拡大や社会的信用の失墜などにつながること、どのような対策を講じていく必要があるのか等、スライドを交えてご案内致しました。
 

●組織改革の第一歩!男性育休どう変わる?

第二部では、いわゆる“男性版産休”、出生児育児休業をめぐる法律とその背景について徳倉氏に解説していただきました。
 

講演資料参考:出生時育児休業(男性版産休)法改正の行方
講演資料参考:出生時育児休業(男性版産休)法改正の行方
 

「男性の育児休業の取得」を促すため、政府は2月26日、育児・介護休業法などの改正案を閣議決定。この法律により、企業に対して、従業員への育児休業取得の働きかけが義務化(2022年10月)するほか、夫婦ともに出産後8週間以内に、合わせて4週間の休みを2回に分けて取得できるようにするとしています。そのうえで、その後も継続して育児を担えるよう最大4回、育児休業取得が可能になります。また、大企業に対しては、育児休業の取得率の公表が義務づけられます。(2023年4月より)
 
今回、厚生労働大臣が「男性にしっかり育休を取ってもらうためには、環境整備が非常に重要だ。その責任は各企業にある」と強調したことは、とても大きなことであると徳倉氏は言います。
 

●イクメンはもはや“死語”?「働き方改革」 がカギに

今や「イクメン」という言葉はもう“死語”になりつつある、と話す徳倉氏。
その証拠に、育児休業を取得したいと希望する新入社員は8割にのぼる(2017年日本生産性本部調査)というデータが出ています。一方で、実際の男性育児休業取得率はわずか7.48%(2019年度) 。さらに女性についても取得率は8割程度にとどまっており、結果的に優秀な人材が出産・育児により離職してしまうなどの事態も起こっています。
 

本セミナーでは、 徳倉氏が代表を務める株式会社ファミーリエによる調査や厚生労働省の資料などをもとに、具体例を交えて解説していただきます。また、質疑・応答の機会も設けています。
 
企業に求められる「新しいマネジメント」とは?
これから生き残れる組織、その条件とは?
 
詳しくは3月9日(火)開催のセミナーでお話しいたします。
 
まずはこういうところからやってみよう、皆さまの組織で「働き方改革」のヒントになる内容をご提供できれば幸いです。
 

3月9日(火)開催のオンラインセミナーにご参加いただき、アンケートにご回答いただいた方全員に、セミナー終了後に講演資料を提供致します。

この機会に、ぜひご参加ください。

 

2021年3月9日オンラインセミナー「育児参加から見るこれからの組織」開催!
ご参加希望の方は、下記フォームに必要事項をご記入いただき、お申し込みください。
 
受付終了
 

 

 

 

 

〔 参考文献・関連リンク〕

初出:2021年03月04日 / 編集:2021年03月10日

関連記事

  1. 日本政策金融公庫「TOKYO-STARTUP-STORY-21名の起業家のProject-Story」に弊社情報が掲載されました_old

    日本政策金融公庫の「TOKYO STARTUP STORY 21名の起…

  2. 労働時間とストレスの関係

  3. 改めてチェック!ストレスチェック制度:高ストレス者に行う“医師面接指導”…って具体的にどんなことしてるの?

    高ストレス者が受ける“医師面接指導”……って具体的にどんなことしてるの…

  4. メディア掲載:「経営インサイト」vol18(2020年9月1日号)に当社精神保健福祉士・遠藤の執筆記事が掲載されました

    ニッセイ「経営インサイト」vol.18に、当社精神保健福祉士・遠藤の執…

  5. “職場の常識”は非常識?ハラスメントにつながる「アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)」とは?:ハラスメント対策

    “職場の常識”は非常識?! ハラスメントにもつながる「アンコンシャス・…

  6. モラルハラスメントって……何?モラハラの特徴や対策、パワハラとの違い

    モラルハラスメントって……何?モラハラの特徴や対策、パワハラとの違い

  7. EAP(従業員支援サポート)・職場復帰などを支援する「EAP支援サービス」が登場!

    「AltPaper EAP支援サービス」提供開始!従業員のメンタル相談…

  8. 「オフィスで働く人のためのストレッチセミナー」を開催しました。

    「オフィスで働く人のためのストレッチセミナー」を開催しました。

Pick Up 注目記事 メンタルヘルスケアコラム
  1. 「職場環境改善計画助成金」(事業場コース)で、ストレスチェックの集団分析を活用した職場環境改善計画の立案・運用を実践!
  2. 男性版産休制度成立!「育児・介護休業法」の改訂点を解説:男性の育休取得を考える
  3. 改めてチェック!ストレスチェック制度:高ストレス者の対応、“社内の負担”になってない?面接指導に来ない「ワケ」を解説
  4. 増加する「感情労働」、今後も注目の「企業のメンタルケア」の重要性と対策
  5. 改めてチェック!ストレスチェック制度:ストレスチェックの結果の閲覧・保管期限
  1. 「適応障害」と「うつ病」は違うの?その違いや、企業の対策を解説:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  2. 新型コロナ禍で「自殺者」が増えた?背景にある「つらさ」と企業ができる自殺予防策とは:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  3. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:たまった気持ちも大掃除!「忘れる技術」を駆使してストレスの棚卸をしよう
  4. 「職場環境改善」はすぐできる?集団分析で見えてくる職場の改善点:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム

最近の投稿記事