「雇用調整助成金」活用の要点整理と現状:新型コロナウイルス対策

   

「雇用調整助成金」活用の要点整理と現状:緊急事態宣言下で営業しながら助成金も申請

緊急事態宣言や外出の自粛など企業活動・経済活動の低迷が続く中、「雇用調整助成金」による休業を利用されている企業は多くあると思います。

ところで、雇用調整助成金はお店を閉めている間だけ使えると思っていませんか?

実はお店を開けながらでも使えるんです。
 

特例措置・緊急対応期間で全業種が対象に!
助成率は「要請の有無」を確認

従来様々な要件が設けられていた「雇用調整助成金」ですが、 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主の支援のため、業種に関わらず、雇用保険が適用される、新型コロナウイルスの影響を受ける企業・個人事業主が対象となります。

また、緊急対応期間においては、事業所設置後1年未満の事業主・風俗関連事業者も限定なく助成対象として取り扱われます。

その上で、特に「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく要請」に協力する企業にはより手厚い助成率が設けられています。

以下のフローチャートで、要件の詳細を確認しましょう。
 

雇用調整助成金:企業要件を満たしていますか?
雇用調整助成金:企業要件を満たしていますか?
 

雇用強制助成金は「トータル休業時間」で計算

雇用調整助成金の計算は、「従業員が休んだ時間」を事業所ごとに合計し、企業の規定した所定労働時間(多くは8時間)で割り【 日数 】として行われます。

計算に加味される労働時間は30分単位、それ以下の歯数は切り捨てになることに注意しましょう。
   

雇用調整助成金:雇用調整助成金の計算式
雇用調整助成金:雇用調整助成金の計算式
 
雇用調整助成金:計算例
雇用調整助成金:計算例
 


この制度を利用すれば、休業手当額を減らすなど調整を行いつつ経営の継続と企業負担の減少を両立させることができます。

さらに短時間休業の場合営業も継続できるため、経営の安定化が望めます。
 

※いずれのケースでも社会保険料の会社負担分は発生します 
 

上限の引き上げや申請の基準も!
新情報に今後も注目

特例は「遡り申請」が可能、要件の更なる緩和に注目

雇用調整助成金の特例は、令和2年4月1日から令和2年6月30日まで(緊急対応期間)に行われた休業等に適用されます。これ以前に開始された休業についても令和 2 年1 月24 日まで遡って適用されます。

また今回の措置では、支給対象となる休業等から時間外労働等の時間を相殺して支給する「残業相殺」の当面停止や、 クーリング期間の撤廃、対象となる生産指標の緩和など様々な企業が使えるような要件緩和が発表されました。
 

上限の引き上げは5月27日以降、申請はよく確認して

5月14日に開かれた新型コロナウイルス感染症に関する記者会見によると、今後上限を15,000円に拡充するなど、雇用調整助成金の抜本的な拡充案が計画されています。

その他にも、労働者個人を支援する制度の登場もあり、今苦しい状況にある中小企業にとってかなり使いやすく、助けになる措置が今後も検討されるでしょう。

また、雇用調整助成金オンライン申請システムの不具合の発生もあり、申請に関する手続きは今後も企業側に柔軟な対応が求められることと思われます。助成金額の算定にも関わる部分ですので、申請は来月以降の情報を確認してからが良策でしょう。
 


飲食業などは今後営業が再開しても、厳しい状況が想定されます。

「休業」を行うことで雇用調整助成金をもらいつつ営業利益を出すなど、業種業態に遭った休業が計画できるよう情報を集めこれからのアフターコロナ時代に備えましょう。
 

2020年5月21日 訂正・加筆修正
記載していた「雇用調整助成金」の算出方法に誤りがあり、厚労省の当該コールセンターと労働基準監督署双方に確認を取った上、該当記事を全面的に改訂致しました。

 

〔参考文献・関連リンク〕

初出:2020年05月11日 / 編集:2020年5月21日

関連記事

  1. 自分も相手も大切にする「アサーション」で職場の“意見”をもっと円滑に

    自分も相手も大切にする「アサーション」で職場の“意見”をもっと円滑に

  2. 福利厚生?課税対象?気になる「諸手当」の違いを解説

    福利厚生?課税対象?気になる「給与明細の諸手当」の違いを解説

  3. 健康診断の結果は事業者に提出しなければいけないの?

    医師による健康診断の結果は事業者に提供しなければいけないの?

  4. 企業の安全配慮義務はどこまで?企業が対応すべき【職場の安全】とその対応

    企業の「安全配慮義務」はどこまで?企業が対応すべき【職場の安全】とその…

  5. ハラスメントの実態と予防・対策:セクハラは「その後」の対処が重要!

    セクハラは「その後」の対処が重要!“セカンドハラスメント”の実際と対策…

  6. 改めてチェック!ストレスチェック制度:ストレスチェックの結果の閲覧・保管期限

    ストレスチェックの結果の閲覧は上司が確認できる?保管期限はいつまで?

  7. 緊急事態宣言でストレスチェック実施の延期はあり?なし?

    緊急事態宣言で、ストレスチェックの延期はあり?なし?労基署に確認しまし…

  8. 「ピープルアナリティクス」とは?これからの人事は分析から始めよう。

Pick Up 注目記事 メンタルヘルスケアコラム
  1. 「職場の喫煙」どう変わる?受動喫煙防止条例や健康増進法で企業が満たすべき義務とは?
  2. ストレスチェック業種・職種別レポート2018:職種別高ストレスランキング
  3. 「パワハラ防止法」施行決定!企業がすべき「義務」と対策とは?
  4. 「SOGIハラ」対策してますか?身近で起こりやすい“アウティング”に注意:ハラスメントの実態と予防・対策
  1. ストレスチェックを活用!結果を活かせるセルフケアとは?:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  2. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:燃え尽き症候群(バーンアウト)の症状・予防法とは?なりやすい傾向や予防法を解説
  3. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:すぐできて、ためになる!「職場環境改善」対策のツボ
  4. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:たまった気持ちも大掃除!「忘れる技術」を駆使してストレスの棚卸をしよう

最近の投稿記事