「健全な精神は健全な肉体に宿る」……それ、本当ですか?

   

「健全な精神は健全な肉体に宿る」……それ、本当ですか?

健全な精神=健全な肉体?

「健全な精神は健全な肉体に宿る」と言われているように、メンタルヘルスの向上には健康的な生活習慣が欠かせません…と言いたいところですが、実は「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉は誤訳であると言われています。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉は、古代ローマの風刺作家で弁護士でもあったデキムス・ユウニウス・ユウェナリス(Decimus Junius Juvenalis, AC60- 128)が風刺詩集に書き記した
「You ought to pray for a healthy mind in healthy body.」 (原文ラテン語の英訳)
という言葉が由来となっています。

専門家によれば、この言葉が含まれている詩では人間の欲しいものがどれだけ分不相応であるか、神様に誰もがお願いする「富・権力」「長寿」「美貌」をあげその不毛さを嘆くものだといいます。
前後の文脈や内容を踏まえると、この言葉は「願うならば、心身ともに健康であることを願う程度にしておきなさい」と訳すべきである、というのです(下記参照)。
 

人々は間違ったことばかりを神様にお願いしている。

例えば金持ちになること、 例えば長生き、例えば美貌。
しかし、これらはなかなか手に入りにくいだけでなく、手に入ったところで決して持ち主を幸福にはしない。
金持ちになっても泥棒の心配が増えるだけ。長生きしても、もうろくした人生にいいことはない。美人になっても不倫に陥って苦しむだけだ。

「心身ともに健康であること」。願うならこの程度にしておきなさい。

これなら誰でも自分の力で達成できるし、それが手に入ったことによって不幸になることもない。しかし、けっしてそれ以上の大きな願いを抱いてはいけない。

花房友一訳『第10歌 願い事はほどほどに』※「世界の古典つまみ食い」掲載
「健全な精神は健全な肉体に宿る」とは言わなかったユウェナリス
 

心身共に健康に!……と思うくらいがいい、らしい。

すなわち、「You ought to pray for a healthy mind in healthy body.」という言葉の本当の意味は、「健全な精神を手に入れるために、しっかり体を鍛えるべきである」ということではなく、「神に願うなら、心身ともに健康であることだけを願うのが望ましい」ということです。
 

ユウェナリスは、健全な精神が健全な身体にあるとも宿るとも言っていない?
ユウェナリスは、健全な精神が健全な身体にあるとも宿るとも言っていない?
※写真はローマにある「トレヴィの泉」の彫刻
 

この間違いはどうやら、もともとのラテン語から英訳される際に、抜き出されたフレーズが独り歩きしてしまったことが原因のようです。
確かに 日本で現在使われている「健全な精神は健全な肉体に宿る」 の元となったのは英語のことわざ “A sound mind in a sound body’‘ ですが、 これだけでは「健全な身体の中の、健全な精神」 というセンテンスだけ。とても覚えやすいですが、主語や意味、「それが何なのか」は含まれていません。
だからこそ、使う人が自由に解釈できるわけですね。

今日では前者の誤訳が一つの解釈になってしまっている感があり、多くの人が(たとえそれが誤訳であるとしても)「健全な精神は健全な肉体に宿る」ということを信じたり、実感したりしているのもまた事実です。

本来の詩文でも「健康な肉体」や「健康な精神」は神様に願うほど手に入らなかった貴重なもの、古代ローマでも現代でも過ぎた欲を持たない方が健康を保つより簡単だったのかもしれません。
 

あながち間違いではなかった「誤訳」

ですが、最近の研究では、メンタルヘルスの向上には健康的な生活習慣が欠かせないということが明らかにされています。
 

朝起きて日光を浴びるなど、規則正しい生活はうつや不安障害等の治療にも有用
健全な精神や健全な肉体づくりには、規則正しい生活や、 定期的な運動、栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠等が重要
 

朝起きて日光を浴びるなど、規則正しい生活はうつや不安障害等の治療にも有用であることは研究や統計データでもはっきりと示されています。
また健康的な生活習慣には、定期的な運動〔有酸素運動(ウォーキング、水泳等)、ストレッチ等〕、栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠等といった要素がありますが、これらの生活習慣を保つことで高血圧や生活習慣病の予防に加えて、ストレス耐性の強化や気持ちの切り替えのスムーズさにいい影響を与えていることがわかってきています。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」というのは誤訳ではありますが、殊にメンタルヘルスの観点から言えば、核心を突いた言葉なのかも知れません。
 

〔参考文献・関連リンク〕

初出:2016年3月23日 / 編集:2019年09月30日

関連記事

  1. バーンアウト(燃え尽き症候群)から心を守る「先人の知恵」:ストレスに負けない働くオトナのメンタルケア

    バーンアウト(燃え尽き症候群)から心を守る「先人の知恵」

  2. 職場のコロハラ急増中!ハラスメントから会社を守る基本知識

    職場のコロハラ(コロナハラスメント)急増中!ハラスメントから会社を守る…

  3. 出勤しているのにコストを損失している「プレゼンティーズム」とは

    出勤しているのにコストを損失している!?「プレゼンティーズム」とは

  4. ストレスに負けない働くオトナのメンタルケア:すぐに落ち込んでしまう人にありがちな原因とは

    すぐに落ち込んでしまう人にありがちな原因とは

  5. 改めてチェック!ストレスチェック制度:『毎年の疑問』をピックアップ!ストレスチェックの実施後に企業が取るべき「対応」のポイント

    『毎年の疑問』をピックアップ!ストレスチェックの実施後に企業が取るべき…

  6. チャットやメールのトラブル回避!テキストコミュニケーションの注意点:ストレスに負けない働くオトナのメンタルケア

    チャットやメールのトラブル回避!テキストコミュニケーションでの注意点

  7. 情報基盤開発:本年も何卒よろしくお願い申し上げます&コラムアクセスランキング2019TOP5

    「ストレスチェックマガジン」2019年アクセスランキングTOP5!

  8. ストレスに負けない働くオトナのメンタルケア:あなたを変える「心の眼鏡」の外し方

    あなたを変える「心の眼鏡」の外し方

Pick Up 注目記事 メンタルヘルスケアコラム
  1. ストレスに負けない働くオトナのメンタルケア:すぐに落ち込んでしまう人にありがちな原因とは
  2. マタニティハラスメント(マタハラ)とはどのような行動?会社でできる対応と対策
  3. 増加する「感情労働」、今後も注目の「企業のメンタルケア」の重要性と対策
  4. 気になる他社の実施状況は?『ストレスチェックのリアル』をデータから解説
  5. ハラスメントの実態と予防・対策:イクメンの大敵「パタニティハラスメント」って?
  1. ストレスチェックを活用!結果を活かせるセルフケアとは?:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  2. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:燃え尽き症候群(バーンアウト)の症状・予防法とは?なりやすい傾向や予防法を解説
  3. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:すぐできて、ためになる!「職場環境改善」対策のツボ
  4. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:たまった気持ちも大掃除!「忘れる技術」を駆使してストレスの棚卸をしよう

最近の投稿記事