出勤しているのにコストを損失している「プレゼンティーズム」とは

   

出勤しているのにコストを損失している!?「プレゼンティーズム」とは

皆さんは、「体調が良くないな…」と感じながらも、「仕事を休むわけにはいかない!」と無理して出勤したことはありませんか?

しかし、いざ仕事を始めてみると、なかなか集中できない、身体がだるくて仕事が手につかない、頭がぼーっとして周囲の人の話が耳に入らない…など、仕事のパフォーマンスが上がらないことが多いのではないでしょうか?
このように、心身の健康状態が優れないことが影響し、出勤したものの最善のパフォーマンスができない状態のことを「プレゼンティーズム(presenteeism)」といいます。
近年、欧米を中心として、プレゼンティーズムが企業の生産力に影響を及ぼし、経営上のコスト損失につながるということが注目を集めています。

今回は、健康経営推進の一環として日本でも注目され始めた「プレゼンティーズム」についてご紹介します。
 

◎プレゼンティーズムとは

プレゼンティーズムとは、「欠勤には至っておらず勤怠管理上は表に出てこないが、健康問題が理由で生産性が低下している状態」を意味し、WHO(世界保健機関)によって提唱されている概念です。

また、WHOが提唱している類似の指標として「アブセンティーズム(absenteeism)」があります。これは、「健康問題による仕事の欠勤」、すなわち、病欠の事を差します。

東京大学による研究では、企業における健康関連総コストの中で最も大きいのがプレゼンティーズムであることがわかりました。一方で、医療費等の直接的な費用やアブセンティーズムによるコストの占める割合は低いことがわかりました(図1参照)。

つまり、従業員が体調不良によりパフォーマンスが低下した状態で勤務することは、経営上大きなコスト損失につながっているのです。作業効率が悪い状態で無理して働くよりも、欠勤・午後出社などでゆっくり休む時間を作った方が、経営上のコスト損失は少なくて済むと考えられます。また、従業員の回復を待つことは、企業における従業員の健康関連のコストを削減することにもつながります。
 

健康関連総コストの内訳
図1 健康関連総コストの内訳
 

しかし、職場の雰囲気や仕事のスケジュールなどでなかなか休むことが難しい業種・職種が多いことも事実です。では、プレゼンティーズムによるコストの損失を抑えるために、事業者は、労働者にどのようなサポートをすればよいのでしょうか?

アメリカの先行研究では、「栄養バランス不良」「やせ・肥満」「高コレステロール」「運動不足」「高ストレス」「予防ケア未受診」「生活不満足」「高血圧」「喫煙」「糖尿病」「飲酒」のうち、該当する健康リスクの数が多い人ほど、コスト損失割合が高くなっていることがわかりました。(図2参照)
 

健康リスク数別労働生産性(プレゼンティーズム・アブセンティーズム)損失の平均割合
図2 健康リスク数別労働生産性(プレゼンティーズム・アブセンティーズム)損失の平均割合
 

つまり、労働時間の管理の他に、生活習慣の改善を促すことがプレゼンティーズムによるコストの損失を未然に防ぐことにつながるのです。健康診断やストレスチェックの実施はもちろん、食事や運動に関する健康情報を労働者にシェアしていきましょう。

弊社は、職業性ストレス簡易調査票の57項目に事業者様独自の設問(4項目・4選択肢)を追加することができる「AltPaperストレスチェックキット独自設問版」をご提供しており、従業員様の健康管理の強化や職場環境の改善に取り組まれる事業者様には、プレゼンティーズムに関する設問を追加することをおすすめしています。

業務の効率化・生産性の向上を実現するためにも、まずは、従業員様のプレゼンティーズムの状況を把握することから始めてみましょう。
 

初出:2018年8月15日

関連記事

  1. 「健全な精神は健全な肉体に宿る」……それ、本当ですか?

    「健全な精神は健全な肉体に宿る」……それ、本当ですか?

  2. ストレスチェック制度義務化の背景

    ストレスチェック制度義務化の背景

  3. 障害者雇用促進法改正から考えるこれからの職場づくり【第2回】共生社会によって実現する未来とは?共生社会の課題と実現方法を解説

    障害者雇用促進法改正から考える これからの職場づくりとは?【第2回】―…

  4. AltPaperストレスチェックキット(パッケージ)

    【サービス紹介】AltPaper(アルトペーパー)ストレスチェックキッ…

  5. ハラスメントの実態と予防・対策:新たな企業の敵は“お客様”?「カスハラ」の実態とその背景

    新たな企業の敵は“お客様”?「カスハラ」の実態とその背景

  6. ストレスに負けない働くオトナのメンタルケア:緊張を力に変えるために行いたい「サイキングアップ」とは

    緊張を力に変えるために行いたい「サイキングアップ」とは

  7. バーンアウト(燃え尽き症候群)から心を守る「先人の知恵」:ストレスに負けない働くオトナのメンタルケア

    バーンアウト(燃え尽き症候群)から心を守る「先人の知恵」

  8. 改めてチェック!ストレスチェック制度:上司や会社にどこまで伝わる?ストレスチェックの結果の“取り扱い”

    上司や会社にどこまで伝わる?ストレスチェックの結果の“取り扱い”

Pick Up 注目記事 メンタルヘルスケアコラム
  1. ストレスに負けない働くオトナのメンタルケア:すぐに落ち込んでしまう人にありがちな原因とは
  2. 「職場の喫煙」どう変わる?受動喫煙防止条例や健康増進法で企業が満たすべき義務とは?
  3. ストレスに負けない働くオトナのメンタルケア:あなたを変える「心の眼鏡」の外し方
  4. ストレスチェック業種・職種別レポート2018:職種別高ストレスランキング
  1. ストレスチェックを活用!結果を活かせるセルフケアとは?:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  2. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:燃え尽き症候群(バーンアウト)の症状・予防法とは?なりやすい傾向や予防法を解説
  3. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:すぐできて、ためになる!「職場環境改善」対策のツボ
  4. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:たまった気持ちも大掃除!「忘れる技術」を駆使してストレスの棚卸をしよう

最近の投稿記事