導入事例

AltPaper利用で予算節減・省力化を!セミナー・授業評価アンケートの集計に利用/東京大学公共政策大学院様

kokyo_2

アンケート集計教育

東京大学公共政策大学院

ご担当者様

セミナーアンケート、授業評価アンケートでAltPaperを活用
年間90万円のコストを3分の1まで削減できた

AltPaper導入の背景を教えてください。

東京大学公共政策大学院は、2004年4月に発足した公務員をはじめとする日本の政策形成のあり方を変えていく公共政策のプロフェッショナルを養成する大学院です。本大学院では、授業内容の充実・改善のために、延べ約700人を対象とした年2回の授業評価アンケートを行っています。

これまで、授業評価アンケートは、すべて手作業で集計を行っていたのですが、これにかかる手間やコストについて学内の運営委員から指摘があり、なんとか削減できるすべがないかと検討していました。そんな折、以前から「AltPaper」を知っていた先生から「学内にこんな会社があるよ」と聞き、東大発のベンチャー企業への好奇心もあり、ご連絡しました。

どのくらいコストがかかっていたのですか?

年間89万円です。
内訳は、以下のとおりです。

これらのコストがアルトペーパーを活用することで、3分の1に削減できると期待しています。

また、本大学院では年間約10回程度、政策決定・実施の中枢にいる要人を講師としてお迎えして「公共政策セミナー」というものを行っています。このセミナーは本大学院の目玉の一つなのですが、これまでは何百枚ものアンケート集計をお願いするための余剰人員も予算もなかったため、アンケート調査ができませんでした。しかし、アルトペーパーを導入してから、アンケートが簡単に実施できるようになりました。

使用方法は予想以上に簡単!
AltPaperは、予算節減や省力化には必要不可欠なツール

実際にAltPaperをご利用いただき、いかがでしたか?

実際に使ってみると、予想以上に簡単で、自分の思い通りのアンケートを作成でき、あっという間に集計できるので、大変驚きました。これまでは実施できなかったセミナーアンケートですが、集計結果をみると改めてその価値を感じています。本大学院の一般公開セミナーは実際に公共政策の最前線で活躍するセミプロ級の方が多く参加されるため、セミナー内容への意見も的確で、今後の運営にも大いに役立っています。

また、コスト面だけでなく、不慣れなアルバイトを中心とした集計では、入力ミスも少なからず発生し、データとして信頼できるものにするためには管理面でも大変な苦労がありました。しかし、AltPaperなら信頼性が高い上に、認識が難しいものについては人間がチェックする仕組みがあるので安心して集計することができました。

マンパワーは、付加価値を生み出す仕事に費やされるものであって、単純作業に費やされるべきではありません。そういう意味で、「AltPaper」は予算節減、省力化に必要不可欠なツールだと思います。

関連記事

microsoft_clip_image002

作業期間とコストの両方を効率化できる!IT企業だからこそ分かる…

2018.12.26

情報・通信業

rad_03

AltPaperは代行サービスとセルフサービスの併用もおすすめ…

2018.12.18

小売業

アンケート入力代行ならAltPaperお申し込み・ご相談 お気軽にご相談ください