Q&A

ストレスチェックに関するよくある質問

Q就業規則にストレスチェックの項目を含める必要はありますか?

Q調査票を従業員の個人宅に配送してもらうことはできますか?

Q面接指導後は、医師が事業者に就業上の措置に関する意見を述べることになりますが、労働者が面接指導内容を事業者に伝えることを拒む場合はどうすればいいですか?

Q面接指導をテレビ電話ですることは可能ですか?

Q長時間労働による面接指導(法第66条の8)とストレスチェック結果による面接指導(法第66条の10)の両方に該当し、申し出があった場合、面接指導は同時に実施してもいいですか?

Q面接指導対象者ではない労働者が面接指導を申し出た場合はどうすればいいですか?

Qストレスチェックの実施と面接指導を別の者が行ってもいいですか?

Qストレスチェックの面接指導は誰が行うべきですか?

Qプログラムの自動判定で高ストレス者と出た場合、医師による判断を経ずに面接指導対象者としてもいいですか?

Q高ストレス者は、 ①心身の自覚症状に関する項目の評価点数の合計が高い者、または、②心身の自覚症状に関する項目の評価点数の合計が一定以上であって、心理的な負担の原因に関する項目及び他の労働者による支援に関する項目の評価点数の合計が著しく高い者、といった要件を満たす者を選定すべきとされています。これは、事業場で①と②のどちらか一方を選択し、それに当てはまる者を高ストレス者として選定すればいいのでしょうか?