ストレスチェックもう実施しましたか?していない場合は今すぐ実施してください!

ストレスチェック制度とは、労働安全衛生法の改正により、2015年12月から開始・年1回のストレスチェックが義務化(50人以上の事業所)所轄の労働基準監督署に、結果を年1回報告する必要があります。

ストレスチェックの義務を怠るとどうなるの?

ストレスチェックの未実施自体に直接的な罰則はありませんが、
実施後の報告義務を怠ると罰則(50万円以下の罰金)があります。
また、企業として従業員への安全配慮義務を果たしていないと認識され、
訴訟などのリスクを負うことにもなります。

AltPaperのストレスチェックキットは、厚生労働省の推奨する調査票に完全準拠しています。

ストレスチェック実施義務がある事業場とは?

常時働く労働者が50人以上いる事業場は、ストレスチェックの実施が義務となります。 ここでいう「常時働く労働者」とは、正社員だけではなく、契約社員やパート・アルバイト、派遣社員も含みます。 以下の項目に当てはまる労働者 (パート・アルバイト・派遣社員含む) を合計して50人以上いる事業場は、年に1回必ずストレスチェックを実施しましょう。

  • ①期間の定めのない雇用契約
  • ②契約期間が1年以上
  • ③契約期間 は1年未満であるが、契約更新されて、1年以上の雇用となっている場合

AltPaperストレスチェックキットは、従業員に配布しやすい紙ベースの調査票をはじめ、ストレスチェックに
必要なものがすべて入ったオールインワンパッケージ(集計・分析期間は約2週間)なので、
実施をお急ぎの場合はこちらを購入されることをおすすめします。

ストレスチェック対応、大変ですよね。

PCが足りない 人手・時間が 足りない 予算が足りない
アルトペーパーのストレスチェックキットにおまかせください!

ストレスチェック対応、大変ですよね。

1. 紙の調査票なので、配布・回収がラク&システム投資不要(Web版もございます) 2. 必要な要素がすべて揃ったオールインワンパッケージ(厚生労働省マニュアル完全準拠)3. 紙版サービス最低価格保証 4. 集団分析もパッケージ料金内で可能(10集団まで) 5. 報告書式も無料でダウンロード 6. Pマーク取得企業の高いセキュリティ

ストレスチェック対応、大変ですよね。

店舗・工場・病院などの「現場」がある→PCが少ない職場でも、紙の調査票でカンタンに実施できます セキュリティの厳しいエリアで働く従業員が多い →ネット接続が制限されている従業員でも紙ベースなら楽々 健康診断会場で同時に実施したい→年に1度の機会を合わせることで受検率アップ!  集計・封入・連絡の手間をかけたくない→分析レポートの集計・封入・送付までお任せでOKです ストレスチェックの受検率を高めたい→紙ならではの手軽さで、受検のハードルを下げることができます
導入事例 2,500名規模のメーカーでも、AltPaperのストレスチェックキットが活躍しています。

サービス範囲

サービス範囲

キット利用の流れ

キット利用の流れ
お急ぎの方、早めにご相談ください!

キット利用の流れ

キット利用の流れ

チェックから報告までトータルサポート

文書ひな型の無料ダウンロード 過去5年分のデータを無料保管 過去5年分のデータを無料保管

東大発ベンチャー ならではの強みがあります!

複数拠点での実施や大人数での実施など、
別途お見積り可能です。

QA

紙とWeb、両方でストレスチェックを行いたいのですが…

AltPaperストレスチェックならば可能です。紙だけ利用する方とWebだけ利用する方に分けて実施することができます。
または、皆さんに、紙とWeb両方の回答手段を用意し、いずれかにてお答えいただく方法も可能です。
この場合は紙とWEBのそれぞれの利用料が必要となります。

トータルどのくらい時間がかかりますか?

弊社に回答用紙が届いてから、分析結果を送付するまで約2週間いただきます。小規模の事業者さまであれば、
キットの購入から最終的なレポートの受けとりまで、3〜4週間で実施することが可能です。

ストレスチェックキットだけで義務が満たせますか?

はい。産業医の先生のご協力があれば、キットだけで義務が満たせます。万一、産業医の先生が実施者就任や、高ストレス者への面接にご協力いただけない場合は、オプションサービスにてご対応いたしますので、安心してお任せください。

複数拠点での実施や大人数での実施など、
別途お見積り可能です。